作品紹介劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-後編 Paladin; Agateram

INTRODUCTION

2004年にTYPE-MOONが発売したPCゲーム「Fate/stay night」を発端に、壮大なスケールの世界観と重厚な物語が呼ぶ感動がファンを増やし続けてきた「Fate」シリーズ。そこから2015年に生まれたゲーム「Fate/Grand Order」も、今や全世界で4800万ダウンロードを突破。現在進行形でさらなる世界の広がりを見せている。

そんなゲームの中で、全体構成を担当する奈須きのこが自らシナリオを担当し、プレイユーザーの中でも人気のエピソード・第六特異点が「Fate/Grand Order」初の劇場アニメーション化。物語の核心に迫るエピソードが、美しく、悲壮に描かれることになる。

気鋭とベテランの調和したスタッフ陣として、監督は前編を末澤慧、後編を荒井和人が務め、キャラクターデザインに細居美恵子、黄瀬和哉、温泉中也らが名を連ねる。前後編の重厚さをもつアニメーションは、SIGNAL.MDとProduction I.Gが制作。 ここに物語は新たに描かれ、再び心を交わす。

STORY

「私は今度こそ、この手で、我が王を殺すのだ――」

遍歴の騎士・ベディヴィエールとカルデア一行が足を踏み入れた特異点――西暦1273年のエルサレム。そこは民たちが住処を追われ、三つの勢力が対峙する不毛の地であった。

白亜の城を築き、民を殺戮する獅子王と「円卓の騎士」を討つべく、ベディヴィエールらは「山の民」と協力し立ち向かう。大切な仲間をも喪う死闘を終えた彼らは、強大な力を持つ「太陽王・オジマンディアス」に同盟を持ち掛ける。しかしオジマンディアスは獅子王の計画を明かし、自らの民を守るためにその提案を一蹴する。

獅子王の真意を知り慄くベディヴィエールたちだったが、仲間たちとともに、その目的を阻止すべく、聖都・キャメロットへの進撃を決意するのだった。

そしてついに、聖都決戦の日を迎える。

冷酷非道に成り果てた獅子王の真の狙いとは。滅びの約束された世界で、人類を救済する方法とは。赦されぬ罪を背負い続けたベディヴィエールの迎える結末とは。

――最も哀しく、美しいFate、ここに完結。

STAFF

原作
奈須きのこ/TYPE-MOON
リードキャラクターデザイナー
武内崇
監督
荒井和人
構成
小太刀右京
脚本
小太刀右京・荒井和人
キャラクターデザイン
細居美恵子・黄瀬和哉・温泉中也
サブキャラクターデザイン
乘田拓茂・山本彩・原由知
総作画監督
椛島洋介
プロップデザイン
吉田大洋・原由知・岩永悦宜
美術設定
小木斉之・イノセユキエ・伊井蔵・吉田大洋
コンセプトアートデザイン
竹内敦志・coralie nagel
美術監督
野村正信
色彩設計
上野詠美子
撮影監督
荒幡和也
3Dディレクター
名倉晋作
3DCG
I.G3D・directrain
モーショングラフィックス
大城丈宗
編集
濱宇津妙子
音楽
芳賀敬太・深澤秀行
音響監督
明田川仁
アニメーション制作
Production I.G
配給
アニプレックス

CAST

ベディヴィエール
宮野真守
藤丸立香
島﨑信長
マシュ・キリエライト
高橋李依
レオナルド・ダ・ヴィンチ
坂本真綾
獅子王
川澄綾子
ガウェイン
水島大宙
モードレッド
沢城みゆき
ランスロット
置鮎龍太郎
トリスタン
内山昂輝
アグラヴェイン
安元洋貴
オジマンディアス
子安武人
ニトクリス
田中美海
玄奘三蔵
小松未可子
呪腕のハサン
稲田徹
静謐のハサン
千本木彩花
ロマニ・アーキマン
鈴村健一

関連サイト