作品紹介鹿の王 ユナと約束の旅

アニメ界最高峰のスタッフが集結した感動ファンタジー大作!

2015年度本屋大賞、日本医療小説大賞をW受賞、シリーズ累計220万部を突破し、今なお絶大な人気を誇る上橋菜穂子のベストセラー巨編「鹿の王」。映像化不可能と言われた圧倒的スケールの物語に、日本アニメ界を支えてきたトップクリエイターたちが集結し、ついに映画化いたします!

監督は、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』という、邦画の歴代ランキング上位5作品のうち3作品の作画監督を全て担ったトップアニメーター・安藤雅司が、本作で初監督・キャラクターデサイン・作画監督も務めます。そして共同監督には『千と千尋の神隠し』で世界的巨匠・宮崎駿の監督助手を務め、『忘念のザムド』『伏 鉄砲娘の捕物帳』で監督を務めた宮地昌幸。さらに脚本は『ハイキュー‼』シリーズや『僕だけがいない街』など数々の話題作を手掛ける人気脚本家・岸本卓が担当。
まさに日本アニメ界最高峰と呼べる豪華スタッフが、壮大で奥深い世界観を緻密に作り上げます。

STORY

それでも、生きていく―

飛鹿(ピュイカ)に跨り戦った最強の戦士団<独角(どっかく)>。
その最後の頭であったヴァンは、強大な帝国・東乎瑠(ツオル)を相手に戦ったが敗れ、 奴隷となり岩塩鉱に囚われていた。
ある夜、ひと群れの不思議な山犬たちが岩塩鉱を襲い、死に至る謎の病<黒狼熱(ミツツァル)>が発生する。
山犬に噛まれながらも生き残ったヴァンは、一人の幼い少女ユナを拾う。

伝染する死に至る病―。
東乎瑠(ツオル)の民だけが病にかかると噂が広がる王幡領では、 天才医師ホッサルが、懸命にその治療法を探していた。

孤高の戦士と抗体を求める天才医師、出会うはずのなかった二人は旅に出る。

誰のために生きるのか。何のために生きるのか―。

しかし、世界に広がる謎の病の背後には、想像を絶する思惑と、過酷で雄大な自然、そして巨大な陰謀が渦巻いていた―。

世界を侵食する謎の病。
抗体を持つのは、寡黙な戦士と一人の少女だけ。

公開予定

『鹿の王 ユナと約束の旅 』 近日公開

関連サイト